一人暮らしの部屋探し

一人暮らしの部屋探し

一人暮らしの部屋探し

まず考えるのは、家賃をいくらに設定するかですね。不動産ってピンきりです。上を見たらきりがないし、かと言ってあまりにボロ部屋に住むのも嫌ですね。部屋探しのとき、まず考慮するのがつぎの3つだと思います。最近では新築マンションが増えた分、築浅物件なのでも家賃が下がり出していますね。特に月末は今住んでいる人が解約通知を出す時期なのでネット上に出回ってない物件がでるチャンスです。


スマートフォン版はこちら

 

家賃

家賃(値段)

一般的に言われてるのが、1ヶ月の収入の30%以内に家賃を設定すると良いと言われています。こんな部屋に住んでみたい。どうせだったら条件のよい部屋に安い家賃で住みたいものです。 部屋探しに失敗しないための知識をぜひ身に付けてください。初期費用も大きな出費になるので契約時にご注意を。

 

 

広さ

広さ

通常1Kか1R、まれに1DKという場合が多いと思います。1Kと1R、どっちが悪いということはありませんが、どちらにしろ20u以上の部屋をおススメします。

 

 

 

駅からの距離

駅からの距離

できれば5分以内ですね。駅からの距離に比例して家賃も安くはなりますが、安さを重視して駅からの距離が徒歩15分とかだと、特に雨の日とか、仕事で疲れてるときとかけっこうこたえます。自転車ユーザーは迷わず遠いところを選んで家賃を節約してはいかがでしょう?自転車を利用して賃料を少しでの安くしたい!という方なら徒歩30分(自転車なら10分以内)のお得な物件を探すのもいいですね。最近では電動自転車も安くなってるので坂道を気にしなくてもいいかも

 

 

部屋を探す方法

部屋を探す方法

まずはインターネットで部屋探しですね。大手の賃貸仲介会社などを中心に、検索性や操作性に優れたサイトがたくさんあります。事前にネットで検索し、自分が住みたい範囲の相場はどれくらいなのか、どういった間取りの部屋があるのかなどを調べましょう。スマホでの物件検索があたりまえになった今、いろんなサイトをみてから更にその物件名で検索して写真や近隣情報を調べるのが普通になってきていますね。不動さ業者さんもその物件名で自社サイトが検索上位表示されるようにさまざまな対策をとっています。アマゾンのロングテール原理ってやつですね。

>> ネットで検索するならどのサイトがお勧め?(大手検索サイト徹底比較)

情報誌で探す

賃貸情報誌で探す

ただし発売日のおよそ1ヶ月程度前の情報が掲載されていますので、 発売日にはすでに契約済みとなっているケースが大半です。注意しましょう。賃貸情報誌の利用は、希望地域の「家賃の相場を見る」とか「どんな間取りがいいかイメージする」程度の利用に留めておくのがよいでしょう。

 

インターネットで情報収集!

検索で希望条件を満たす物件をスムーズに見つけられます。気になる物件があったら問い合わせてみましょう。しかし、インターネット上にあるマンションデータの多くがすでに制約済み(空いてる部屋がない)ケースがおおいのでそのつもりで探してくださいね。
特に3月は部屋を探す方が集中します。が、実は退去する方も一番多い時期なんです。そこで3月末にお部屋を退去される方のあとを狙うと、掘り出し物件にひっかかる可能性がかなり高くなります。是非不動産屋さんに相談してみてください。

 

不動産会社で探す

実際に街の不動産会社にいってみましょう。不動産屋さんはちょっと苦手・・・という方でもまずは大手のFC展開店にいくと安心ですね。引越しシーズン(春の1月〜3月)の土日は特に混雑しますのでご注意。9月も法人の転勤シーズンで少し動きが活発になりますね。

>> ネットで検索するならどのサイトがお勧め?(大手検索サイト徹底比較)

部屋探しの時期注意点

一人暮らし用の物件(単身者用の物件)に限らず、物件のよく動く時期は、1〜3月の間です。これは、4月から入学・社会人になって一人暮らしをはじめる人が多いためです。一人暮らし用物件も様々な種類が出回るため、4月入居の場合はこの時期に部屋を探す事をおすすめします。当然、この時期は部屋を探す人も多いため、不動産会社は非常に混み合っています。今日気に入った物件が、明日には他の人に契約されている、という事もよくあります。
最近ではポータルサイト等に掲載されている物件情報の鮮度(実際に空室で入居可能かどうか、賃貸条件が表示の通りであるか)がアップしているのである程度引越しがきまったら気になっている物件がポータルサイトに表示されているかを見てみるのもいいと思います。あと月末は比較的に現在住んでいる人が退去通知を出すタイミングでもあり、そのあと不動産業者さんがポータルサイトに登録することを考えると、月末月始にポータルサイトを確認することも部屋探しのポイントになりますね。